SDGsへの取り組み

2022年2月13日

私たち、結企画工房株式会社、並びに、シェアオフィス結musubiは、
SDGsが掲げる世界SDGsの実現に向けて取り組むことをここに宣言します。

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして、結企画工房株式会社 代表の竹内です。
世代を超えてすべての人に合わせたSDGs支援を行い
自分らしく良く生きられる」社会の実現を支援。

2030年すべての人が自分らしく。

SDGsの概念は、未来へ向けた投資行動です。
あらゆる分野を地球規模で考え、どのような未来をデザインするのか。
そのために、今から取り組むべきことは何か。

私たちも、あなたたちも、私も、あなたも。
何ができるのか。何から行えばいいのか。

2030年に向けて、誰ひとり取り残すことなく社会に貢献するためには、
日々の生活から体感すること、実感することで考え方を持ち続けることが大切です。

私自身は、我が子が多動性障害の可能性から支援学級に転籍したことが
「自分らしく良く生きられる」という言葉に共感し、SDGsの世界観と向き合いました。
転籍してから2年が経過し、今でま、「より自分らしく」生活をしています。
このSDGsの世界観とこれまでの人生で積み重ねてきた価値観が一致したことで
2030年に向けて、「自分らしく良く生きられる」を実現していきたい。

この想いから、2021年より企業として明確にSDGs支援事業をはじめました。

SDGsの取り組みを実施している企業、組織も、実施していない企業、組織も
同じ価値観を持つ同士パートナーシップを築き、すべての人がSDGsを知る
きっかけとなるよう、様々な普及、周知、実践活動を行っていきます。

自社のビジネスモデル、活動内容をSDGs視点で新たな価値を創造し
すでにSDGsに積極的に取り組んでいる個人、企業、団体、組織の方には
さらに実践的になれるよう行動を起こし、発信力を強めていきましょう。
皆さまの一歩が、SDGsの世界観を実現させます。

Withコロナの時代では、社会環境から構造、企業の在り方など
さまざまな価値観が変わってきました。
SDGsは新しいニーズに適応しながら持続可能(サステナブル)な
価値を創造する「SDGs経営、行動、実践」が求められています。

「SDGsウォシュ」から個人、企業、団体、組織を守ることで
真に持続可能な「経済、環境、社会」を好循環な社会づくりに繋げ
自分らしく良く生きられる」の持続可能な世界を実現を目指します。

この宣言と想いにおいて、
東村山市が取り組む「わたちたちのSDGsパートナー認定制度」にも
積極的に取り組み、持続可能なまちづくりを実現します。

わたしたちのSDGsパートナー認定制度に登録しました。
わたしたちのSDGsパートナー認定制度に登録しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでの、取り組みと実績を積み重ねて
結企画工房株式会社は、東村山市と令和3年11月29日に
「東村山市と民間事業者提案制度に基づく連携協定
~持続可能なまちづくりの担い手育成に関する連携協定~」
を締結しました。

 

 

 

 

 

 

 

~~弊社のSDGs支援内容~~

■持続可能な経営支援■

地域の個人、企業、団体、組織、行政がSDGsを知り、持続可能な社会の実現に向けて
行動を起こせるよう、広報活動や、支援活動を行います。

多くの企業はSDGsに関し次のような課題を抱えています。
・SDGsについて詳しく知りたい、きちんと理解したい
・SDGsに取組みたいが、何から始めていいのかわからない
・SDGsの社内理解や社員浸透がどうしたら進むかわからない  
・SDGsを活用した新規ビジネス開発検討に協力してほしい 
世界をよりよくするツールとして、SDGsは利用され始めています。これからSDGsを経営に取り入れるために次の支援を行います。

 

3、その他

長期的な目線を持ち、SDGsとビジネスをどのように掛け合わせていくのか。
持続可能とは?好循環とは?パートナーシップとの連携方法など。
より詳細に実践的に考える企業研修も承っております。
お気軽にご連絡お待ちしております。

■SDGs17のゴール目標とは。

SDGsのもととなる概念として、MDGs(ミレニアム開発目標)があります。
これは、貧困と飢餓の撲滅など,2015年までに達成すべき8つの目標を掲げ、2000年に採択されました。
SDGsはMDGsの後継として、気候変動や格差是正などが盛り込まれた国際社会全体の開発目標として、
2015年9月の国連サミットで採択されました。
SDGsは持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
MDGs目標である貧困・飢餓から持続可能な経済発展の要素が加わったともいえます。

 

私たちはこの趣旨に賛同し、いくつかのアクションで貢献させて頂いております。

  • 働き方改革の推進 ……ワーク・ライフ・バランスの実現に向けたテレワーク実施企業、郊外型サテライトオフィス利用の応援
  • 起業・創業の推進 ……インキュベーション施設としてトータル的な相談業務
  • バルネラブルな状態を解消し、個々に合った働き方やワークシェアの推進 ……「障壁」をなくし誰もが自分らしく働ける社会の創造
  • 女性のエンパワーメント、ダイバーシティの推進 ……産後の社会復帰、スキルアップ支援
  • オープンイノベーションの場づくり ……知識を共有し、新たな地域創生・経済発展を目指す
  • 寄付型自動販売機の設置 ……SMILE by WATER プロジェクトの参加
  • フェアトレード商品を積極的導入 ……久米川共同作業所の陶器カップの利用、フェアトレードのコーヒー豆の利用
  • プラゴミ削減・資源リサイクル推進 ……フリードリンクの使い捨てカップ廃止、分別の徹底

多様な個性と価値観が相集う「シェアオフィスー結(musubi)ー」からSDGsを推進し、積極的に発信することで世界の安定と平和、多くの方のビジネスに新たな価値が生まれることを願っています。

お問い合わせはこちらから
https://kmgw.musubi-k.jp/contact/

SDGs支援パートナーシップ企業先

 

 

 

 

一般社団法人SDGsdesign/ワクワクする未来をdesignしよう/ 

 

 

 

シェアオフィス結musubi/世代を超えてすべての人が自分らしくよく生きられる/ 

株式会社シンク・オブ・アザーズ/「 I think of others/他者を思う我であれ 」

株式会社シンク・オブ・アザーズ/「 I think of others/他者を思う我であれ 」 

 

 

 

 

 

 

Posted by kmgw-musubi